虹の橋を戻って。


by gab_golden
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
「どうせやるなら、可愛くやろ!」
と、ピカすは言いました。
「そうしよ!」
ばびんかのお誕生日の日、あたしらの大きな鉢植えにたわわにできた青いレモンが8個。
レモンをもぎるのに、ばびんかの誕生日ほどピッタリな日はありません。

がぶこです。
おひさしぶりですけど、意外と元気でなんにもかわってません。

あたしらは、まるで森にピクニックに行くみたいに籠を持ち出し、ハサミでちょっきんちょっきんとレモンをもぎました。
もちろん、葉っぱを数枚つけて。
籠の中で、新しいレモンたちはゴロゴロしながら自分の居心地のよいように場所を定め、家の中に入るのを今か今かと待ちわびていました。
b0084506_15434431.jpg

b0084506_15441122.jpg

b0084506_15443012.jpg

b0084506_15445383.jpg

b0084506_15451060.jpg

「レモンケーキつくんなさいよ?」
「えー! ピカちゃん塩レモンこさえなさいよっ?」
「えーーー! ガブちゃんいつもなんにもやんないじゃん! なにかレモンタルトとかつくんなさいよ!」
「えーーーーーー! でもピカちゃんせっかくこれ無農薬なんだから皮ごと使うレシピでなんかこさえなさいよ!」
「えーーーーーーーーーーーーーーー!!!」
「えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」
「えーーーじゃないっ!(怒)」
「なにお!?(激)」

ボカスカボカスカボカスカ・・・・・

おおげんかになりました。
レモンの実を収穫するのは、ばびんかのお誕生日ではないほうがいいです。
ばびちゃんが、困った顔で見つめていたからです。
わっるい。

あ、すずこの頭の上にのっかっているのは、小人帽子でしょうか?
いいえ、まぁくんです。
b0084506_15454554.jpg

[PR]
# by gab_golden | 2016-09-28 15:46 | ガブ子 | Comments(10)
b0084506_22302895.jpg

しらすをぶちまけたのは誰でしょう?
わたしが一生懸命お掃除しているダイニングテーブルに、しらすをぶちまけたのは?
b0084506_22315463.jpg

「早く食べちゃいなさいよ!」
と、わたしはいつもピカスに進言します。
朝ごはんを食べるのに、3ピカンも4ピカンもかかるからです。
そして食べ終えたのか食べ終えていないのか、こんなお茶碗がテーブルに置き去りにされることに。。。
弟のミカミがこんなものを見たら、目くじらを立てて怒ることでしょう。
「しっかり最後まできれいにさらってくださいよぉーーー!」
と。
まあいいわ。
わたしは今日も晴れたので、朝から櫻子にお茶しに行ってきます。
梅雨に入ったら、なかなか櫻子までも行けないのでね?
[PR]
# by gab_golden | 2016-06-08 22:37 | ガブ子 | Comments(21)

ペットがほしい

http://buzzmag.jp/archives/63399
b0084506_83529.jpg

わたしもこんなペットちゃんがほしいです。
主人・ザ・ファンタジーのララミー牧場に探しにいこうっと。

でもロシア語はしゃべれないんだー
[PR]
# by gab_golden | 2016-06-06 08:01 | ガブ子 | Comments(2)

ピカすの朝ごはん

朝、キッチンに行ったら、ピカすが朝食の準備をしていました。
わたしはちょっとたまたまほんのちょっと朝寝坊したので、出遅れたのです。
おマ〜〜ちゃま〜Rのお皿を見て、わたしは目をこすり、さらにこすり直し、ほっぺたを両手で叩いて、もう一度まばたきしましたが、見えているものは同じでした。
b0084506_11481061.jpg
干物?
ちょっと疑わしそうに睨んでいるわたしをよそ目に、ピカすがおまーちゃマ〜〜Rに言いました。
シレッと。
「白いとこ選んで食べたら美味しいからね?」
白いとこはあるのでしょうか?

がぶこ

[PR]
# by gab_golden | 2016-05-29 11:44 | ガブ子 | Comments(7)

ぎんこ

b0084506_07095419.jpg
ぶっあついメガネをかけた子がやってきました。
ど近眼みたいです。
まだばっちりオムツをはいてます。
銀色という触れ込みでしたが、頭が黄ばんできました。
ぷぅ〜〜(((o(*゚▽゚*)o)))笑

b0084506_07590606.jpg

[PR]
# by gab_golden | 2016-05-21 07:05 | ガブ子 | Comments(10)

主人の木靴

あーた、
片足だけ履いて、
どこ行っちゃったの。
帰ってくるのこないの?
b0084506_07045682.jpg

[PR]
# by gab_golden | 2016-05-21 07:03 | ガブ子 | Comments(2)
主人・ザ・ファンタジーが木靴を玄関に置いています。
片足分しかありませんが、ケンケンでもしに出かけるつもりでしょうか?
こだまでしょうか?
がぶこです。
すっかりガブログをサボっているので、ちっぷす社長から叱咤激励? いえ、叱咤だけ受けております。

わたしだっていろいろと忙しかったわけです。
交通安全週間(当番の皆さんにお茶を届けたりお菓子を届けたりおしゃべりしたりしなければならない)、お花見(お弁当を用意したり、カラオケを練習したり、主人のおやつを用意したりしなければならない)、お庭の手入れのまーくんにお茶出し、数寄屋橋東急のオープン(尾崎牛を食べに行かなくちゃならない)、熊本の大地震(数寄屋橋東急のお向かいにある熊本館でのお買い物)、ベッキー問題(テレビと文春に釘付け)、舛添さんの会見(どこかの絶叫号泣議員との共通項を確認)、主人・ザ・ファンタジーの食事の世話(八宝菜は材料の種類が多くて大変)、妹のバビンカの遊び相手(ボールを投げてやる)、弟のミカミのバイト(ニューヨークタイムスに広告をはさみこむ)が早朝なので早起きして朝食を用意する、etc....
あまりにも多忙な主婦だと思いませんか?
そして、さらにもう一つ、本日ぴかスがわたしの仕事を増やしました。
なんと、ハスキーの女の子を産んだのです。
わたしの一家はとても複雑な関係で、主人・ザ・ファンタジーはぴかスの息子、ぴかスはおマーちゃまーRの娘、わたしは主人・ザ・ファンタジーに嫁いだお嫁さん、でもぴかスの親友(姑とはいえない)、わたしの妹のバビンカはおマーちゃまーRがお腹をいためてポンっと産まれたというし、ミカミはお父さんにそっくり、さらにここにハスキーの女の子が加わりました。
もう、子育て(妹と弟)から手が離れたばかりのわたしとしてはゆっくりしたかったのですが、また仕事がふえてしまいました。
どうやって育てあげればいいのか、はたまたゴールデン好きの主人・ザ・ファンタジーが立ち耳のハスキーさんを見てどう思うのか思わないのか、気が遠くなりそうです。
いつまでも、肥れそうにありません。
なので、今日も桜子のあんみつを3杯おかわりしてきました。
とにかく可愛いニューフェイスのために、一生懸命頑張り抜く所存です。
自分にご褒美は、主人のカードで買うモーブッサンの牛肉です。
[PR]
# by gab_golden | 2016-05-15 15:49 | ガブ子 | Comments(5)

石川県警です

今朝はチップス社長がシヨミに朝もはんを食べにくるということでしたが、当日の発注だったのでわたちは間に合いませんでした。
たむん、チップス社長が食べた朝もはんは、スネニクのシチュウだったと思います。
なぜだか、匂ってきたのでそんな気がしまつ。
チップス社長はきのう寒空の下、横浜マラソンにでましたが、たむんリオが内定したとおもいます。
わたしら親戚一同の中ではダントツ、と思われる3時間45分で走って走って走り抜いたからです。
わたしら親戚一同のチップス社長以外は、フルマラソンなど走ったこともないので、3時間45分が早いのか遅いのか中くらいなのかさっぱりわかりませんが、たむん親戚一同の中ではダントツです。
だって走ったことがないからです。

ガブリンおねえさんは、金沢に出かけています。
アーRにいちゃんが金沢に仕事で出張したので、つけていったのです。
でも、夜中に迷子になって石川県警に駆け込み、
「主人がどこにいるのかわからなくなっちゃったのね、探して探して!」
と頼みました。
どこの料亭に電話をしてみてもなかなかアーRにいちゃんは見つからず、時間はどんどん過ぎていき、ガブリンおねえさんは石川県警の刑事さんに
「ねえねえ、カツ丼とってくれない?」
と、頼みました。
カツ丼をとってふたりで食べながら、刑事さんとおねえさんは料亭に電話をかけまくり、アーRにいちゃんを探しまくりましたがみつかりませんでした。
警察は、ガブリンおねえさんが嘘をついているのか本当のことを言っているのか疑わしいと思い、朝方の4時にピカスに電話をかけました。
ピカスはイヌメロの入稿がなかなか終わらず、徹夜明けのもうろうとした朝の4時に110番から電話がかかってきたので、一旦シカトしましたが、なにかムシの知らせがあった気がして石川県警に電話をかけ直しました。
「石川県警ですが」
「さきほどお電話をいただいたのですが」
「石川県警ですが」
「いやだから、そちらからお電話が」
「いやだピカちゃん?! 主人がいないの! ここ金沢!金沢!」
「いやだガブちゃん? なにしてんの? 帰ってきなさい!」
「いま、刑事さんとカツ丼食べたとこ! タバコ1本もらったらかえるから!」
「ガブちゃん? タバコなんかもらったって吸わないでしょう? 」
「吸わない、吸わない!」
「じゃあ帰ってきなさいよっ!」
「主人がいないの!」
「アーやんもう帰ってきてるよ!」
「いやだ! いったいいつ帰ったんだろーう? 」
ガチャ。

朝一の飛行機でおねえさんは帰って来て、いまはベッドで疲れてねています。
まあ、雨だからでかけるところもないし、いいかと想いまつ。
[PR]
# by gab_golden | 2016-03-14 15:31 | バビンカ | Comments(4)

缶詰工場閉鎖のおしらせ

わたちがおつとめしていたキチドクの缶詰工場が、わたちが辞めたために閉鎖になりまちた。
わたちしか、おつとめしていなかったため、だれもこなくなってしまったからでつ。
工場は閉鎖され、取り壊され、最後にアーRにいちゃんが書類にハンコを押すために、跡地にデスクが一個と椅子が一個残されまちた。
アーRにいちゃんは、椅子に腰掛け、ハンコを舐めて、書類にぽぉーーーーんと押し、席を立ちました。

「よぉおおーーーーーし、これでこの土地は転売できるよねーーーーーーー」

最後に残されたデククと椅子も撤去され、わたちとアーRにいちゃんだけが、風に吹かれて夕陽の中で、タラの丘のスカーレットみたいに立ち尽くしていまちた。

いまや、キチドクの缶詰工場跡地には、ペンペン草しか生えていません。
職を失ったわたちは、仕方がないので今日からおマーちゃマーRの家で、新しいカメの甲羅干しの仕事をしていまつ。
今日も、あちたも、あさっても、おマーちゃマーRのところに通ってカメの甲羅干しをしまつ。
アーRにいちゃんの別会社、AYAX FINE FOODS Co., での味覚部部長という肩書きはありますが、
1日の主な仕事は甲羅干しでつね。
今回の新しいカメは、頭が大きくて脳みそが発達しているのですが、甲羅にヒトデがついているので取ってやらなければなりません。
てはかかりますが、やりがいは感じていまつ。
わっちゃんでつ。
[PR]
# by gab_golden | 2016-03-01 21:21 | バビンカ | Comments(6)

ガンズィーミミタン

このごろのわたちは、ガンズィーミミタンしか飲めなくなっていまつ。
ばびんこでつ。
イギリスの沖合い、フランスのほうが近いんじゃね? という感じのところにあるガンズィー島で育った牛達の、ガンズィーミルクでつ。
これを飲んだがさいご、もう他のミルクは飲めません。
極上の空間で飲む、地球上で一番贅沢なミルクのお味でつ。
わたちはガンズィーミミタン(ミルク)に一生の忠誠を誓い、ふとももの内側にガンズィーミミタンマークのタトゥーを入れまちた。
共に生きていく所存でつ。
ガンズィーミミタンのマークは、ミルクの王冠のマークでつ
b0084506_21312162.png

[PR]
# by gab_golden | 2016-02-27 21:32 | バビンカ | Comments(6)