虹の橋を戻って。


by gab_golden
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ちゅっぴーのプレゼント

b0084506_17222278.jpg
これは、ちゅっぴーがわたちのためにチクチク、チクチクと夜なべを食べながら縫ってくれた婦人用おふとんでつ。
かわいくてかわいくて、生まれてきてよかったと心から思いまちた。
思い返せば生まれてこのかた、わたちはアーRにいちゃんやミカミおにいさんのおさがりばかりで生きていたのでちた。
ミカミおにいさんのおさがりなら、まだガンダムやらケンシロウのイラストつきのパンツやお財布など、使えなくはないものでしたが、アーRにいちゃんのお下がりというと、さすがに使うのがはばかられたものでちた。
たとえば、壱番館の紳士物のゴルフおやじの柄を織り込んだバスタヨルなどでつ。
しかも、紺色と白のツートンのゴルフおやじ柄は、せっかくきもちよくシャンプーしたあとにわたちの毛ぇーを拭くにはあまりにもオヤジくさいのでちた。
それをおもうと、ちゅっぴー作のこの女子力の高いお布団とタオル生地の枕、そしてわたちのイラストの刺繍入りお散歩バッグときたら、世界がいっぺんにキラキラと星やお花で埋め尽くされたようなガーリーさではありまてんか!!!
ちゅっぴーフォーエバー! ちゅっぴーばんざい! 
わたちは嬉しくて嬉しくて嬉しくて、会社をやめてしまいまちた。
そして、一日中この女子力お布団の上で、女の子っぽい夢をうとうとと見つつ、昼寝をしているのでつ。
b0084506_17363458.jpg

ほんとうにありがとうございます。
b0084506_17411696.jpg


↓これが、いままで使用して来たアーRにいちゃん直伝のスノーマン毛布でつが、青くて男っぽいのと、暑いので、しかたなく使っていまちた。
b0084506_1737436.jpg

[PR]
# by gab_golden | 2015-05-01 17:38 | バビンカ | Comments(4)

ばびんかの給料日

すっかりブログを忘れていちゃったので、ひさしぶりに書きます。
がぶこです。
最近、ばびんかがそーっと裏庭に行って、しばらくしてからとっても嬉しそうにニコニコして小走りに帰ってくるので、一体なにをしているんだろうと思ったら、主人・ザ・ファンタジーが裏庭にばびんかをこっそり呼んで、おこづかいを渡しているという事実が判明しました。
ばびんかに問いただしても、
「なんでもないよ?」
と、しらばっくれるばかりですが、主人・ザ・ファンタジーに問いただすと、しどろもどろになって
「あのねーーーーいやねーーーーーー、ばびんかに役員報酬を渡しているだけだよーー?」
と言うのです。
ばびんかは、あの絶対味覚を武器に、主人・ザ・ファンタジーが興した『アヤックス・インターナショナル・フーズ inc.』の味覚部で取締役味覚部長の仕事をしていますが、その役員報酬を裏庭で主人に手渡されると、嬉しそうにニコニコして帰ってきて、ダイニングのテーブルのうえにポイっと置いてまた庭に遊びに行ってしまいます。
「あーた、ちゃんとしまっておかないと誰か(おかーさんとか)にもっていかれちゃうわよ?」
と注意すると、
「いいよ? わっちゃん使わないからアーRにいちゃんに返そうと思ってたからいいよ?」
と言います。
「でもこれ、わっちゃんのお給料でしょう?」
と言うと、
「うんそうだよ? 絶対味覚のお給料だよ?」
と言うので、
「お兄さんは?」
と聞くと、
「絶対ミカミだよ?」
と言います。
ワハハハハ! わっるい。意味がわからない人はいますか?
意味がわからないときにはぴかスに聞いてください!

まあいいわ。
というようなワケで、ばびんかは毎週週末は千葉の海で海水浴に精を出し、疲れて帰ってくる為月曜日はうちで休養日、火曜日は裏庭で給料日、水曜日にちょっとおかあさんの会社に行ったりして、木金はおマーちゃまRと家でまったりし、また週末に千葉に海水浴に行く、というルーティーンの生活を送っています。

わたしは主人・ザ・ファンタジーに、美味しい朝ごはんをこさえてあげたりしています。
まあ、目玉焼きと納豆ですが、毎日いろいろな盛りつけをして喜ばれています。
こんど、写真を撮ってお見せします。
[PR]
# by gab_golden | 2015-04-17 22:45 | ガブ子 | Comments(9)
懐かしい写真がでてきて、主人とわたしが若かったあの頃にタイムトリップしました。
あの頃はよかったわよーーーーー。
b0084506_13112993.jpg
あ、これはだいぶ晩年です。
b0084506_13124448.jpg
ハハハ。
b0084506_1313339.jpg
主人は仕事中。こうやって一大コンツェルンを築き上げたかと思うと感慨深いものがあります。
b0084506_13135421.jpg
そのあいだ、わたしはプールでプカプカ浮いていたっけ。
b0084506_13145652.jpg
上から見ると主人のほうがうんとちっちゃくみえますが、心の目ぇーで見れる人は、どんなにか主人が大きいかわかることでしょう。
あたしらはこうやって、年を重ねてきたわよー。
[PR]
# by gab_golden | 2015-03-17 13:15 | ガブ子 | Comments(7)
待ちに待って待ち抜いた、東京マラソンが終わりました。
わたしは給水ポイントでボランティアをしました。
なぜならニューヨークから来たぴかスとわたしの共通のともだちが走ったからです。
ニューヨークのフミは、走って走って走り抜いたため、今日は内股になっちゃってるそうです。
わたしは給水ポイントのボランティアをするにあたり、てっきり『吸水ポイント』だと勘違いしちゃっていましたので、ボランティアのウィンドパーカーを着せられた瞬間から一生懸命飲み物を飲み続け、バナナを食べまくりました。
それで、わたしのポイントにランナーがやってきたころには、バナナはほとんどなくなっていて、水もあまり残ってはいなかったので、それを見越したカゴメのトマト農学博士はわたしのポイントにくる前にギブアップしたもようです。
わたしのポイントにはモバイル性はなかったものの、うにせんべえを置いていましたので、ランナーの人々にはうにせんべえでエネルギーチャージをしてもらいました。
お役にたててよかったです。

今朝はバナナの食べ過ぎで胃腸の調子があまりよくありませんでしたが、キッチンにきたらテーブルにおかあさんが食べ残したうにせんべえがありました。
いつもならすぐに手を出すわたしですが、今日は具合が悪いのでじーっと見つめていると、なんだかわたしっぽい感じに見えてきました。
いやだ、昨日うにせんべえを見すぎたおかげだわ。
そう思ったわたしは、今日はゆっくりしようかと思います。
b0084506_12482042.jpg

ばびんかは、今日は主人・ザ・ファンタジーに、熟成鮨のお店を展開する『かむしきがいしゃ こんぶのチカラ』という会社をこさえてもらうといってはりきっています。
『鮨屋を開いたけれどお客さんがなかなか来なくて、ネタがもったいないから昆布に包んでおいといたら熟成して美味しくなった』というストーリー性のあるコンセプトでイケそうだ! と、主人は早速資本金を出す気まんまんになっています。

わたしは、めんどうくさがりやのばびんかが、鮨屋なんてぜったいにムリだと思いますが、舌は確かなのでちょっとだけ可能性を見いだしています。
[PR]
# by gab_golden | 2015-02-23 12:48 | ガブ子 | Comments(10)
b0084506_15485333.jpg
こ、、、、これは???


ぶた?????

ゾウ?????

いいえ、わたちでつ。
ミミちゃんがこさえてくれました。
b0084506_15494429.jpg
b0084506_15524853.jpg

[PR]
# by gab_golden | 2015-02-13 15:52 | バビンカ | Comments(4)

こわれたものいろいろ

いろんなものがこわれるよのなかでつ。
げいじつは、はかいからうまれるといいまつ。
b0084506_12321598.jpg
b0084506_1232242.jpg
b0084506_12323445.jpg
b0084506_12325558.jpg

ぴかスのケータイはにかいめでつ。どうかとおもいまつ。
[PR]
# by gab_golden | 2015-02-12 12:33 | バビンカ | Comments(4)

本日のおめざ

b0084506_161346.jpg

お腹がすいているわけではないけれど、キッチンのテーブルにそっとおかれているのを目の前にすると、ワイドショーを観ながら週刊新潮をパラパラめくりながらぴかスとしゃべくっているとポリポリ手と口が勝手に動いてその結果減っていくおせんべいを見るにつけ、悲しくなるのはわたし、ガブ子です。
「ガブちゃーーん? カステラ食べる?」
と聞かれ、
「そうね、それじゃあもうおせんべいに手を出すのはやめよ!」
と宣言し、「あっまい!」と思いながら一生懸命カステラを食べ尽して視野を広げると、そこには再びモリモリと盛られたしょっぱいおせんべいが。。。
b0084506_1673464.jpg

わたしはどうすればいいんだろう?
今日も朝からゴミ捨てを済ませ、近所のおばあさんに声かけをしてはげまし、やっとこさ腰掛けた爽快感はどこへ行ってしまったんだろーーーーーーーーう?
[PR]
# by gab_golden | 2015-02-06 16:07 | ガブ子 | Comments(11)
中村農場から、産みたてタマゴが届きました。
実家のおかあさんに、烏骨鶏と甲州軍鶏を半分ずつとりわけてやりました。
手渡しながら主人・サ・ファンタジーが言いました。
「いいかーーーみーこ? タマゴの声をよぉーーーーく聴けよーーーーー?」

主人・ザ・ファンタジーがばびんかのために設立した食品会社、アヤックス・ファインフーズ Inc, では、食べ物の声をよぉーーーく聞いて、どうなりたいか、どう食べられたいかをインタビューしてから、その後3日間クラッシック音楽を聴かせて、それから調理するというまどろっこしい食品製造をこころがけています。
そのためか、主人・ザ・ファンタジーはもとより、ぴかスにおいてもごはんを食べるのがのっろい!
インタビューに数ピカン、音楽を聴かせるのに3日間、それから作って食べるので、まあ朝ご飯ひとつ食べるにもなっかなか進みません。
お母さんはしちめんどうくさいことが大嫌いなので、卵を受け取って実家に帰った瞬間に卵にインタビューしました。
しかも、卵1パック全体にしたもよう。

「ねえねえねえ、みなさんの中で、誰が一番先にどうやって食べられたいのっ?」

すると、一つの烏骨鶏卵が一歩前に出て高らかに言いました。
「わたしは納豆に入って、納豆の一部にとけ込んで、納豆のメニューの一部として美味しく食べてもらいたい。」
お母さんは、冷蔵庫から恭しく納豆を取り出し、小鉢に入れると、自信たっぷりに待っていた烏骨鶏卵を割って、アサツキの小口切りとともにグルグルと混ぜました。
炊きたてごはんにのせて、それはそれは美味しそうに食べました。
烏骨鶏卵は、誇らしげにおかあさんのお腹の中にツルツルーーーっと入っていきました。
わたしは、主人・ザ・ファンタジーの忠告をちゃんときくおかあさんはえらいわよーーと思いました。

ところで、主人・ザ・ファンタジーといえば、コスパのいい犬として一生を生き抜いた素晴らしい男の中の男です。
『エルメスのリードを買ってやろうにも、アーやんよりリードの方が高くなっちゃうからバランスが悪くて買えなかった』という逸話を持つくらい、●●ドルで20年も生きて生きて生き抜いたのです。
一年あたりに割ると、ほんの●●円になります。
なので、主人・ザ・ファンタジーの口癖は、
『コスパを考えろよーーーーーー?』なのでした。
このたび、ばびんかがアヤックス・ファインフーズ Inc, から食材を仕入れて、広尾の『分とく山』さんのとなりで、『まけとく山』という和食屋さんをオープンすることになりました。
和食の高級料理店を目指しているのですが、面倒くさいから先付けとかお椀とか八寸とか焼き物とかはなくて、いきなり『卵焼きとごはん』だけを出すそうです。
ばびんかによると、
「めんどうくさいからぁ〜」
ということですが、主人・ザ・ファンタジーはこれを聞いて、小躍りして喜びました。
「おまい、それはコスパがよさそうだなーーーーー? それでいくらの値段をつけるんだーー?
 きっちり取れよーーーーーーーー?」
とそろばんを持ち出しましたが、なんといっても面倒くさがりやなので、ばびんかはお金をもらうのが面倒くさいらしく、”レジはなし”、”お勘定もなし”。
「めんどくさいからまけとくよー!」
と言うのです。
これには主人・ザ・ファンタジーも頭を抱えていて、やはりおマーちゃまRの出番になりそうです。
美味しいとは思えないばびんかの『卵焼きとごはん定食』を食べに、毎日毎日たくっさんのお友達を連れて行き、『卵焼きとごはん定食』にではなく、ばびんかのごほうびにと、何万円もお支払いしてきそうな勢いです。
きっとばびんかは面倒くさいから掃除もいい加減だろうし、卵焼きもいい加減に焼きそうでイチモツに不安がありますが、舌だけは確かなのでもしかしたら成功するかもしれません。
分とく山のとなりの、まけとく山です、どうぞみなさん御贔屓に。
[PR]
# by gab_golden | 2015-02-05 15:54 | ガブ子 | Comments(9)
ランチの約束をした友達から、ツワリがひどいのでまた今度、と断られたのはわたし、ガブ子です。
いやだ、考えてみたらわたしも気分が悪いんだった。
昨日の朝はゴミの日でしたが、ゴミの匂いを嗅いだとたんに吐いてしまいそうになったので、コミ袋をほっぽり投げて実家に走り、トイレにたてこもりました。
長期戦になるかもしれないと考えたわたしは、ポータブルテレビを持ち込みましたっけ。
おかあさんの携帯には、姑のピカすから何度もメールがはいり、わたしのことをトイレから引きずり出してゴミ捨てをさせるようにと言ってきます。
収集車が来るのは8時40分なので、45分までは帰りたくないわたしです。
テレビをつけたら、脱法ドラッグの若者がおこした事故に巻き込まれた家族の方が出ていて、わたしは涙がとまりませんでしたが、主人・ザ・ファンタジーが迎えにきたのでツワリについてうちあけました。
主人は「ないないない!」
と、恥ずかしそうに手を振ってお茶をすすりはじめました。
するとばびんかがトイレにかけこんできて、ケポッと吐きました。
主人・ザ・ファンタジーはぎょっとして、目をそらしました。
本日は、しよみ家は全員寒さとツワリで家でゆったりすごす予定です。
玄関にはゴールデンホイホイという施設名が掲げられました。
[PR]
# by gab_golden | 2015-01-28 08:48 | ガブ子 | Comments(6)
お正月でたいへんなのはいつもお嫁さんだったわけだけど、ガブログを更新していないことを責められて家を飛び出したわたしです。
今日は、可愛いアラジンパンツを履いて櫻子でゆっくりお茶をするつもり。
いもうとのばびんかは、いつまでたっても学校へも会社にも行かず、
「ちゃんと学校か仕事に行きなさいよ! もう始まってるよ!」
とぴかスに言われると、
「あれー?もうはじまっちゃってるー?」
と、とぼけています。
やっと、わたしの日常が戻りつつあります。
がぶこです。
[PR]
# by gab_golden | 2015-01-09 17:29 | ガブ子 | Comments(10)