人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

かわいいおくさん

「あーた! むかしは温泉まんじゅうを2つも3つも頬張ったの?」
「あーた! むかしはもっと羽振りがよかったの?」
「あーた! むかしは大股で歩いたもんなの?」

あーーーこんにちわぼくだよ。あやくんだよ。
がぶこが宮崎から帰って来たかと思ったら、あーた、あーたって質問攻めだよー。
宮崎でねー、むかしぼくが若かったころに世話になった旅館のおかみに会ったようだねー。
がぶこは女将とお茶をすすりながらおしゃべりしていて、女将が気づいたんだねー。
「あんら! おくさま、シヨミのアーさんのお嫁さんでございますの?!」
って言われたんだねー。
そこで女将はがぶこにいろいろとぼくの昔話を聞かせたんだよー。
「アーさん、どうしていらっしゃるのかしらー?
 昔は温泉まんじゅうを二つも3つも頬張ったもんよー」とか、
「アーさんたら羽振りがよくってねー。うちの仲居さんたちみんなにシャネルのお財布を配ったもんよー」とか、
「アーさん、大股で歩くのがカッコよかったけど、今はどうかしらねえー? 昔はうちの長い廊下も3歩で歩ききったもんよー」とか
言ったにちがいないねー。
がぶこは帰ってくるなり、
「あーた! ちょっとそこを歩いてみなさいよっ! なにをチョコチョコ歩いてるのっ! 昔はもっと大股で歩いたんでしょう?」
ってぼくを叱りつけたんだよー。
あーーーーーーーーーーーーそんなことを言ってもねー、、、、、zzzzzz。。。
17歳を過ぎると歩き方も変わるよー。
がぶこはぼくの若いブリブリの頃を知らないのがくやしいんだねー。
ハンケチの恥じっこを噛みながらぽろぽろ涙をこぼして
「だってわたしがあーたの若い頃を知らないのに、宮崎の旅館の女将が知ってるなんて、悔しくて悔しくて。。。」
って泣いたよー。
可愛いなー。がぶこは可愛くて可愛くてねーーーーーーzzzzzzzzzzzz
by gab_golden | 2009-02-02 08:43 | おしゃれ&メイク