虹の橋を戻って。


by gab_golden
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ちっぷにあやまったほうがいい。

先週末、ぴかスが出かけているあいだに、ちっぷが来ておマーちゃまRのために『オムレツ』という題名で『まきずしのようなもの』をこさえました。
朝ごはんです。
しかも、おマーちゃまRがちっぷのためにこさえてくれた朝食を食べたあとに、ちっぷがおマーちゃまRに朝食をこさえたという、複雑なかんじの朝食です。
わっ(爆笑)!!
がぶこです。

実家のおかーさんが弟のミカミや妹のばびんかを連れてやってきて、うだうだしながら言いました。
「ここは涼しいわよー。」

そのとき、ミカミがおやつ部屋にこっそり侵入し、ジャーキーの入った紙袋をゴソゴソするので、おかーさんが紙袋ごと棚の上にのっけてミカミが届かないようにしたのでした。
「チキショー! 菓子を喰いてぇよぉーーーー!」
と、悔しがるミカミでしたが、ターゲットを冷蔵庫にチェンジして時はそのまま過ぎました。

翌日、ピカスが帰ってきてばびんかにおやつをあげようとしたところ、おやつの袋ごとなくなっているのに気づき、ピカスはプンプン怒りながらちっぷに言いました。
「ちょと! おやつを全部あげちゃったでしょう? 」
「ええええーー! ちがうよぉ、ミカミだよぉ!」
「ウソ! 全部食べさして、しかも紙袋まで捨てちゃったでしょう? あの紙袋可愛かったのに!」
「ちがうよぉ、ミカミだよぉ!」
ちっぷは言いましたが、ちょっと自信がなかったこともあり、強くは言いませんでした(爆!)。

「まったくちっぷは!」
と、昨日になってぴかスがおかーさんに話しているときに、ミカミが言いました。
「おいおい、オレんたかよぉー? ちがうよぉー!」
するとおかーさんが言いました。
「あーーー、あれね、わたしが棚の上に置いたのね、ミカミがゴソゴソやってたからね?」

『ちっぷに謝ったほうがいい。』
わたしはそう思い、丸一日がたちましたが、まだ誰も謝ってはいません。
ぬれぎぬを着せられたままのちっぷが、会社でもやもやして、経費の無駄遣いをしてしまわないかとヒヤヒヤしています。
今日あたり主人・ザ・グレートファンタジーに見に行ってもらおうと思っています。
[PR]
by gab_golden | 2014-07-24 08:21 | ガブ子