虹の橋を戻って。


by gab_golden
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

あー、ぼくの夢を話すよ。

b0084506_7295835.jpg

あーぼくだよ。あやくんだよ。
新しい業態に手を出したよ。
バーだね、飲食業ははじめてではないけどね、酒を専門にあつかうのは初めてだよ。
ここはね、じつはバーをやるのが本当の目的ではないんだ、あーーー、ここで保険を売りたいとおもってるんだよ。
酒を飲みにきたお客さんにね、保険をうるんだよ、とくに今、ちからを入れているのが女性特有の病気にも対応する保険だよー。80歳過ぎてもはいれるぞー。
80歳をすぎた女性特有の病気ってなんだろうな? あーぼくは男の中の男だからわからないよー。まあいいぞ。
それでなー、バーのおんなのこたちがなー、「わたしもこの保険にはいっているけどとても安心なのよー」ってバーボンを注ぎながらなー、言うとなー、お客さんはその保険について知りたがるぞー。いいかー。
「いったいどんな保険なのかしらー?」
「あー商品名は『フェミリン』だよー。女性の身体は男とはちがうからなー。女性が安心できる保険だよー。バッグが欲しいけど金がない、フォアグラが食べたいけど食べさせてくれるおとこがいない、エステに行きたいけど足がない、といういざというときのためにとっても役立つ保険だよー。」
「あらー、わたしもはいろうかしらー?」
「今ならアヤフルの金融商品付きだよ。特別にトイチだよー」
「それならいますぐサインをするわねー?」
っていう感じで営業トークがすすむんだよ。
掛け金はちょっと高くつくけどなー、3年以内にキャンセルすると痛い目にあうくらいでなー、3年がんばって払い続ければあとはとてもラクだよー。
あーそんな保険を売るのがぼくの夢だよー。
[PR]
by gab_golden | 2008-07-19 08:13 | おしゃれ&メイク