虹の橋を戻って。


by gab_golden
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

レストラン人生

ぴかスと親戚一同で、街のイケてるフランス料理店に食事にいきました。
わたしはガブ子です。
フレンチにするのか、ステーキにするのか、なかなか決まらなかったので、その前にショッピングをしたかったわたしはとても困りました。
青山か、銀座か、どっちで買い物をするべきかが決まらないからです。
それで、とりあえず日本橋の高島屋さんに買い物に行き、帰りにちっぷに拾ってもらうことにしました。
わたしは黒いプラダのワンピとジバンシーの上着でキメていきましたが、レットランに着いて周りを見渡すと、色々なワンピでここ一番、キメにキメた女の人がたくさんいました。
ほとんどの席がカップルで、親戚一同女ばっかりで来ているのはわたしたちだけ。
しまった、ソニヨさんを誘えばよかったと、思いました。
斜め左前には、胸が大きく開いたプッチのワンピでキメた女性が、IT系の社長さんみたいな男の人に思いっきり胸をアッピールしながらクネクネと食べています。
背筋がのびすぎて、辛そうです。
右手後方には、黒いCHANNEL風のワンピの長い黒髪の女性が、居酒屋フランチャイザーの社長さんみたいな男の人とそっと携帯で写メをとりっこしながら食べています。
背中あわせの席では、ダナキャラン風スーツの女性が一部上場企業の上司っぽいひとと早口で仕事のことなどをおしゃべりしながら食べています。
わたしは、プラダの芋虫みたいなワンピ(背中が思いっきり見えるやつ)がみんなから見えるように上着を脱いでみましたが、残念ながら親戚がうるさく騒ぐのでみんなの目線を集められませんでした。
そのとき、プッチがトイレに立ちました。
腰をフリフリ、胸をレストラン中にアッピールしながらトイレへの道を突き進んでいきます。
居酒屋フランチャイザーは、プッチを横目でチェックしながらワインを注ぎました。
そのスキに、チャンネル風はダナキャランのお相手を品定めしています。
プッチがトイレから帰ってくると、IT系は胸を見ないように目をそらしながら、ダナキャランをチェック。居酒屋フランチャイザーはプッチのお尻フリフリにかたまり、ダナキャランは仕事の話に戻りました。
わたしは、上品な感じで鮎をほおばりました。
鮎は好きな方。
でも、ちっぷがもっと食べたいというので、わたしの鮎をゆずってやりました。
ぴかスは、鮎が嫌いなので特別に用意されたアーモンドを見て、「美味しそう!」と言いましたが、食べませんでした。それで、わたしがタッパーに詰めているところを、IT系と一部上場企業にチェックされてしまいました。
わたしは、そっと背中を見せて、タッパーを隠しました。
そして、校長のバッグの中にすべりこませました。
明日の校長の朝ご飯のサラダには、アーモンドがアクセントとして使われることでしょう。
レストランには、さまざまな人生模様が渦巻いているものです。
今度は、なるべくもうちょっと派手なワンピでキメていきたいです。
[PR]
by gab_golden | 2008-07-26 08:38 | おしゃれ&メイク