虹の橋を戻って。


by gab_golden
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

メンチカツ

b0084506_763664.jpg

夏らしく、腕の毛をそって、ハローキティ腕ピカン計とルイ・ヴィトンさんの腕輪を重ね付けしてみました。可愛い!

あっ、がぶこです。
北島選手金メダル記念に、北島選手のお父様が揚げたメンチカツをどうしても食べたくて、連絡帳に
『きたじませいにくてん、メンチカツ 10枚』
と、メモしておきました。
あやくんがそれをチェックして、さっそく昨日買いに走ってくれました。
律儀にも、お出かけの時には必ず上等の半ズボンとシャツを着て首までボタンをかけるので、とても暑そうに見えました。
わたしは、プールに浮かべたエアークッションにもたれて、マンゴーバナナフラプチーノをチューチュー吸いながら、サングラスごしに出かける準備をするあやくんをながめていました。おしゃれすると、歳を感じさせないのはさすがです。
玄関を出る前に、お財布のなかみをしっかり何度もたしかめて、あやくんは出かけて行きました。
帽子に電池式の扇風機をくっつけた最新兵器を持ってでかけたようですが、単三電池なので行列に並んでいるうちにあっという間に電池がなくなるんじゃないかと心配になったりもしましたが、マンゴーバナナフラプチーノがあんまりにも美味しくて、ストローから口を離せなくてもごもご言ってるうちに、パタンと玄関のドアーがしまってしまいました。
あやくんは財布のヒモがしっかりしているのですが、せめて帰りはタクシーを飛ばしてアツアツのメンチを持って帰ってもらいたいものです。
わたしはプールで冷えた身体をアツアツのメンチが温めてくれるのを夢見て、エアークッションの上でうたた寝していました。夕方になってお手洗いに行くと、鏡にサングラスのあとがばっちりついた、陽焼けしたパンダみたいなものが写っていました。
それで、冷蔵庫からきゅうりを取り出して、輪切りにして目の上に貼りました。
唯一、わたしが誰からでも見えるわけではないことをのぞけば、ふつうの夏休みの風景です。
[PR]
by gab_golden | 2008-08-16 07:18 | おしゃれ&メイク